パパ活に興味があるなら今年(2019年)がパパ活を始める最後のチャンスかもしれないですよ、なぜなら……

パパ活をはじめるには今年が最後のチャンス?

当記事の要点

  • パパ活というワードを含んだ出会い要求の表現が規制される可能性大
  • 表現規制の拡大によってパパ活に関する情報が減少
  • よって、パパ活を希望する男女ともにやり辛くなる
    (パパ活をしたい女性とパパ活を出会いの場としたい男性のマッチングが滞る)
  • いままでパパ活を黙認してきたマッチングサイトが本格的に規制をはじめる可能性あり
  • パパ活バブルがはじける前の今年(2019年)がパパ活をはじめるチャンス

パパ活に興味があるなら今年が最後のチャンスかもしれない理由

パパ活は今後、やり辛くなります。

男女ともに。

出会い系として有名なPCMAX(ピーシーマックス)の公式会報において、
「パパ活・ママ活訴求禁止ルールの徹底」についてのお知らせが記されておりました。

注意!あくまでアフィリエイター側に対しての勧告です。

現段階で影響があるのはパパ活のノウハウや解説をするブロガーですが、
表現規制がマッチングサイトの掲示板にも波及するおそれがあります。

予想されるパパ活表現の規制のながれ

まずは「パパ活」というワードの規制。
そしてつぎはパパ活をにおわせる表現の規制とつづくはずです。

パパ活とは別物ですが、jkビジネスという前例がありますから。
根拠としては薄いです。

ですが、世論、とくにパパ活に反対している
女性の声に押されればマッチングサイト側としても対応しなければなりません。

たぶんパパ活というワードが規制されたとしてもパパ活を示すなにかしらの
「隠語」があらわれるとおもわれます。

ただ、その隠語が普及・浸透するまでに時間が必要です。

そのため、男女ともにパパ活が一時的にですが困難になる可能性があります。

旨味という点からすればパパ活に対する女性の抵抗感が
薄くなっている現時点において、有利なのは男性です。

買い手市場と言っていいでしょう。

援助してくれる男性に複数の女性がアピールしている状態と考えてください。

端的に言うと、男性側はお金さえ持っていれば
幅広い職業・年代の女性とデートができるわけです。

それもプロではなく普通の一般女性です。
そのような出会いのシステムがすでに整っているのです。

以前から出会いの場、愛人契約の場としてのマッチングサイトはいくつもありました。
しかし、パパ活というわかりやすいワードの効力があってこそ、いまの環境があるのです。

パパ活で経済支援をしてもらいたい女性側としてもこの規制の
ながれはやっかいなものとなるでしょう。

なお、マッチングサイト側の規制はあたりまえの対応です。

忘れてはいけないのがマッチングサイト・マッチングアプリのほとんどは
男女の「出会い」を目的としています。

男性と女性が出会い、相性が良ければ恋人となる。
結婚にいたるカップルだっているでしょう。

そうです。マッチングサイトはパパ活をおおっぴらに容認はしていません。
現状は「黙認」というのが正しい見解でしょう。

パパ活で経済的にも精神的にも潤う女性は存在しますが、
それよりもパパ活に嫌悪感を抱く女性はそれ以上に存在するのです。


パパ活に反対する女性の意見の例
「パパ活は男性が女性を買っている!売春となんらかわらない」
「女性を商品のように扱っている」
「女性の尊厳をなんだとおもっているのか!」
「パパ活をする女性も女性だ!品性がない!」

などなど。

テレビや雑誌で話題になればなるほどパパ活をとりまく環境は悪化するはずです。
個人的に露出しすぎた感が否めません。

「知っている人だけ知っている」の範囲を超えるともう止まりません。

一旦、表現の規制が入ると雪崩式にあらゆる方面で
規制が入るのがこの日本という国です。

今年(2019年)にパパ活を黙認している各マッチングサイトやアプリ運営会社が
自主的に規制をしなくとも、東京オリンピックが開催される2020年までには
「行政指導」がされる可能性があります。

例によって、です。

では、今後規制が強まるとパパ活にどう影響が及ぶのか?

今年を境にパパ活はむずかしくなるかもしれない

まず女性側は支援してくれる男性(パパ)を見つけるのがむずかしくなります。

企業のマッチングサイトが利用できなくなれば規約がゆるいSNSや掲示板で
募集するしかありません。もちろんパパ候補となる男性はピンキリです。

男性も以前よりも確実に面倒な事態に陥るでしょう。
パパ活の良い点は以下があげれます。

「容姿は優れないけれど社会的身分だけはある」
「若くはないけれど金だけはある」
「いろんな女性とてっとりばやく出会いたい」

料金がお高いデートクラブでもサクラ(プロ彼女)が存在しているとの
噂が絶えません。一般女性と出会う可能性が狭められるのは必然です。

援助(金銭目的)ではない女性と出会えるマッチングサイトは多くありますが、
ほとんどは「若さ」「容姿」という要素がないと辛いものがあります。

パパ活の表現規制で一番に割を食う男性はおそらく
「社会的身分・援助できるほどの資金はあるけれど容姿に自信がない男性」
でしょう。

現時点でかなりおいしい思いをしている男性ですね。

パパ活したい女性は企業に守られず個人で募集をかける状態になるかも

某有名SNSは人権侵害・性差のネガティブワードには敏感です。

いまはまだ許されていますがいちど女性権利団体や行政機関からの
指導が入れば対応されるはず。

パパ活の場として利用されているのを見て見ぬふりをしてきた
各マッチングサイト・アプリも本格的にパパ活規制に動き出す
可能性だって大いにあります。

もし、あなたがパパ活に興味があるけれどいまいち手を
出せない女性であるならば2019年(今年)がチャンスです。

パパ活表現が規制されてもいまのうちに支援してくれる男性を
捕まえておけばいいわけですから。

今年を過ぎるとまったくパパ活を経験していない女性は不利となると断言できます。

「パパ活に興味あるけど、まだはやいかな?」と思っている女性は
すぐに行動を起こしてください。

あえりえないと思いますが、パパ活の規制が一般ブログまで波及すれば
パパ活のノウハウを取得する媒体が減少するわけです。


補足説明:グーグルをはじめとした各検索エンジンが差別・人権侵害を理由として
パパ活のノウハウを提供するブログを排除する可能性が危惧されます。

そうなるとパパ活初心者はどうすれば良いかわかなくなります。
パパ活の情報を入手できる媒体が限れてしまいます。

以上はあくまで予想でしかありません。

ですが、ほとんどのマッチングサイト・アプリはパパ活を容認していません。
認めていないのです。認めていませんが寛容なマッチングサイトも存在します。

それがシュガーダディです。

登録しているのは「社会的身分」「収入」の審査をパスした男性だけ。
そのため、あきらかな「ハズレ」を引いてしまう可能性は低いと申せます。

さらに女性は利用料金が完全無料です!

男性にメッセージを送るのにポイントを購入する必要がありません。

だからこそ、パパ活初心者におすすめのマッチングサイトなのです。

どのマッチングサイトを利用するのか?
それが護身のための第一歩でもありますね。

もちろん、真剣な交際を求める方でも利用可能です。

「パパ活はしたいけれどいまいち気が進まない」というあなた!
まずは登録してみてください。

そして、当サイトや他サイトを参考にプロフィールを書いてみてください。

最初は不安で心細いかもしれません。

パパ活で良い男性と知り合えた女性も最初はそうでした。

あなたと同じ体験をしているのです。

パパ活の一連のながれがわかるとまったく怖くなくなります。

「どうしても生理的に無理」とおもった男性がいたら拒否すればいいだけです。

何か問題が生じたらシュガーダディ
運営に問い合わせましょう。

シュガーダディは法人ですから対応しないというのは考えられません。
あなたを守ってくれるはず。

しかし、稼げるからといって深入りは禁物です。

だらだらと長くパパ活をして「愛人関係」にまで進展してしまう
女性も珍しくありません。

自制心をもってパパ活をしていただきたく願います。
それがあなたの身を守ることにもなりますから。

興味をもった方は以下の画像をクリックして無料登録してください。
なお、男性は審査はあるものの、ほとんどの機能が無料で利用できます。

シュガーダディ

追記

禁止の徹底勧告ではありませんが、「ハッピーメール」「ワクワクメール」
もパパ活表現は非推奨となっていました。

この流れはまだまだ各方面にも波及するおそれがるので、
今後、パパ活はやりづらくなる可能性が非常に高いです。